トップオプションサービス個人サイト倶楽部アクセスカウンタ表示

入会手続 資料請求

法人のお客様

ホームページサービス

個人サイト倶楽部

アクセスカウンタ表示

アクセスカウンタとは
「アクセスカウンタ」とは、お客さまのホームページに訪問された方が何人いらっしゃるのかを自動でカウントし、ページに表示してくれるシステムです。ただ数字を並べるだけではなく、下記のように見た目に楽しい画像表示が可能です。本ステップは、このアクセスカウンタをお客さまのホームページに設定を行なう手順をお知らせしています。(※)カウンタの設置、各設定にはHTMLの知識が必要となります。
アクセスカウンタ一例
「CGI型」と「SSI型」の2種類をご提供しています
当初は、ブラウザのキャッシュ機構の動作の違いから、「再読み出し」時の動作に相違がありましたが、現在のブラウザでは、共に「アクセス数」(再読み出しや、再訪問でカウントアップされる)となるようです。(訪問者のブラウザのバージョンや、キャッシュ設定の内容により異なります)

CGI型のアクセスカウンタは、一般的なブラウザから受け取れる情報を元に動作しています。訪問者が一部のウイルス対策ソフトを併用している場合等、情報が正しく受け取れずカウンタ動作が出来ないことがあります。(この場合、「SANNETロゴ」を表示します)
標準的なブラウザでの閲覧が期待できない場合は、SSI型のアクセスカウンタをご利用ください。
CGI型カウンタ
<img src="/cgi-bin/counter?mincount=3,type=0">
SSI型カウンタ
<!--#include virtual="/cgi-bin/counter.ssi?mincount=3,type=0"-->
「mincount=3」・・・表示させたいカウンタの最小桁数です。上記の場合、3桁表示(001)からカウントはスタートします。最初から6桁表示(000001)としたい場合は“mincount=6”と記述してください。
「type=0」・・・カウンタのデザインパターンは幾つもご用意しております。お好きなカウンタがありましたらこちらの数字を任意のカウンタナンバーに変更してください。デザインサンプルはこちらでご確認ください。
デザインサンプルを見る
カウンタを増やさずに,カウント値を知るには
共にカウンターのカウント値(計数値)は、「.count(ドットカウント)」というファイル名で保存されています。
ブラウザで「.count」を開くと、カウント値を増やさず値を確認できます。

■ メールアドレスが「abcde@サブドメイン名.sannet.ne.jp」の場合、
"http://www.サブドメイン名.sannet.ne.jp/abcde/.count" となります。

■ メールアドレスが「abcde@sannet.ne.jp」の場合は、
"http://www.page.sannet.ne.jp/abcde/.count" となります。

アクセスカウンタのリセット方法
<!--#include virtual="/cgi-bin/counter.ssi?clear=on"-->
カウンタのリセットを行なうには、専用のHTMLファイルを作成し、上記のコメント文を記述して下さい。 専用のHTMLファイルをサーバーに転送後、ブラウザで表示するとカウンタがリセットされます。 サンプルファイルは こちら です。
■サンプルファイルの使い方:
表示された内容をコピー&ペーストして、任意のファイル名でサーバーに転送後、 ブラウザで表示するとカウンタがリセットされます。
作業後はファイルをサーバーから削除しておきましょう。
アクセスカウンタを任意の数字からスタートさせる
アクセスカウンタの初期値を1000にする場合の記述例
<!--#include virtual="/cgi-bin/counter.ssi?clear=1000"-->
カウンタのセットには,専用のHTMLファイルを作成し、上記のコメント文を記述して下さい。 専用のHTMLファイルをサーバーに転送後、ブラウザで表示するとカウンタが指定値でセットされます。 サンプルファイルは こちら です。
■サンプルファイルの使い方:
表示された内容をコピー&ペーストして、任意のファイル名でサーバーに転送後、 ブラウザで表示するとカウンタが指定値でセットされます。  作業後はファイルをサーバーから削除しておきましょう。
アクセスカウンタの追加(counter=xxxx)
<!--#include virtual="/cgi-bin/counter.ssi?mincount=3,type=0,counter=xxxx"-->
counter:カウンタ名(英数小文字)を指定すると複数カウンタが使えます。カウンタ名を指定すると、カウント値が「.count.xxxx」のファイル名で保存されます。ページ毎にカウンタ名を変えれば、各ページ専用のカウンタを利用できます。
なお,カウンタ名省略時の計数ファイル名は「.count」となります。ブラウザで「.count」を開くと、カウント値を増やさず値を確認できます。

■ メールアドレスが「abcde@サブドメイン名.sannet.ne.jp」の場合、
"http://www.サブドメイン名.sannet.ne.jp/abcde/.count" となります。

■ メールアドレスが「abcde@sannet.ne.jp」の場合は、
"http://www.page.sannet.ne.jp/abcde/.count" となります。

アクセスカウンタ「テキスト版」設置方法 ※SSI型のみ利用可能
「type=text」と指定すると、文字(テキスト)カウンタとなります。
<!--#include virtual="/cgi-bin/counter.ssi?mincount=3,type=text"-->
ユーザーオリジナルカウンタ設定方法
「type=user」と指定すると、ユーザーオリジナルカウンタが利用可能になります。
<!--#include virtual="/cgi-bin/counter.ssi?mincount=3,type=user"-->
1.お客さまのホームページ領域にディレクトリ「counter」を作成してください。

■ メールアドレスが「abcde@サブドメイン名.sannet.ne.jp」の場合、
"http://www.サブドメイン名.sannet.ne.jp/abcde/counter/" となります。

■ メールアドレスが「abcde@sannet.ne.jp」の場合は、
"http://www.page.sannet.ne.jp/abcde/counter/" となります。

2.上記ディレクトリ内に10個のGIFファイルが以下の条件で保存されていること
高さ(ピクセル数)の一致した、パレットが共通のGIFファイル(SSI型カウンタでは、高さやパレットの一致は必須条件ではありません)。
ファイル名は,「0.gif」〜「9.gif」の10個のファイル

3.カウンタパターンの追加は「user」の後ろにパターン名を追加すれば可能です。
「userxxx」と指定すると、ファイル名は「xxx0.gif」〜「xxx9.gif」です。
トップへ戻る