SANNETメールサービス メールウイルススキャンサービス
メールウイルススキャンサービス トップ
サービスイメージ
メールソフトの設定
Windowsメール(Vista)
Q & A
お申し込み
サービスイメージ
ウイルス対策機能
シマンテックのウイルススキャン機能(Symantec AntiVirus ScanEngine)を利用し、メールに添付されたファイルにウイルスが含まれていないかどうか、チェックを行います。
しかも、常に最新の情報でチェックするので、安心してメールをご利用いただけます。
受信イメージ
ウイルスが検知された場合、ウイルスを駆除した安全なメールをお客様宛に送信します。
→ ※ 受信時の詳細
送信イメージ
メールは設定された宛先に送信せず、ウイルスを検知した旨のメッセージに添付し、お客様宛に返信します。
ワームウイルスにより、アドレス帳の全宛先に勝手にメールが送信される、という事態を未然に防げます。
→ ※ 送信時の詳細
スキャン対象となる添付ファイル
Windowsで動作する添付ファイルがスキャン対象となります。
※ MacintoshはWindowsと共通のファイル形式のみ、その他のOSはスキャンの対象外となります。
圧縮されていない添付ファイル
Windowsで動作する全ての添付ファイルをスキャンします。
圧縮されている添付ファイル
以下の圧縮ファイル形式を、10段階の圧縮までスキャンします。
AMG、BinHex、GZIP、Z、LHA/LZH、MIME、OLEStructuredStorage、Microsoftリッチテキスト形式、RTF、TAR、UUE、ZIPなど
詳しい説明は「Q&A」へ
↑4段階に圧縮されたウイルスも、検知・駆除します!
迷惑メール対策機能
シマンテックの迷惑メール対策機能(Symantec BrightMail AntiSpam)を利用、迷惑メールの疑いのあるメールの件名に [spam] という単語が追加され、迷惑メールの判別が容易になります。
シマンテックの迷惑メール対策機能は、非常に高い認識能力を持っていますが、稀に正常なメールを迷惑メールと「誤認識」する可能性がありますので、迷惑メールフォルダに振り分けるご利用方法を推奨いたします。
メールソフトの設定方法