メールサービス サービス内容
電子証明書発行サービストップ
サービス内容
設定方法
発行/再発行
解約
Q & A
お申し込み
電子証明書とは?
電子証明書とは、電子認証局が発行する証明書のことで、あなたが公開鍵の持ち主であることを証明する電子データです。いわば、電子社会での「身分証明書」です。
電子証明書は、自らの身元(送付先や文書制作日時など)を証明できるだけでなく、以下の2つの機能を提供します。
電子署名 →「なりすまし」「改ざん」対策
電子証明書を使い電子署名をすることで、誰が作成したデータであるかを確認できます。本人が持つ「特別な鍵」は、電子証明書に含まれる「」で開けられるという仕組みを利用します。このように本人しかもっていない「特別な鍵」であることを確認することで、電子署名を行った相手を特定することができます。この特別な鍵のことを「秘密鍵」といいます。
1.あなたは「秘密鍵」を使って、電子署名を行い、メールを送信。
2.相手は送られてきたあなたの「公開鍵」でメールの内容が読めます。これで送ってきた人が本人であることがわかります。もし「改ざん」が行われると、 相手に送信されたままではないことを通知して注意をうながします。
メールの暗号化 →「盗み見」対策
電子証明書を利用すると、本人確認ができると同時に、電子データや通信の暗号化も実現できます。これは、電子証明書内に情報を暗号化するための「」が含まれており、「」によって暗号化された内容は、その人が持つ「特別な鍵」だけでしか解読できないという仕組みを利用しています。たとえ誰かが通信内容を盗聴しようとしても、情報が漏れることはありません。電子証明書に含まれている「」を相手に配っておけば、相手にしか開けられない鍵をかけることができます。この電子証明書に含まれる鍵のことを「公開鍵」といいます。
1.相手があなたの「公開鍵」を使ってメールを暗号化。あなたに送信します。
2.このようにして送られた暗号化されたメールは、あなただけが秘密鍵を使って送信メールを復号化。
つまり、相手があなたの「公開鍵」を入手するには、あなたから「電子署名」付きのメールを受信している必要があります。