メールサービス Q&A
電子証明書発行サービストップ
サービス内容
設定方法
発行/再発行
解約
Q & A
お申し込み
Q1 SANNET会員であれば誰でも利用できますか?
Q2 電子証明書の購入(発行/お申し込み)に進めません。
Q3 InternetExplorerでActiveXコントロールが使用出来ないと言うメッセージが出ました。
Q4 証明書のダウンロードに失敗しました。
Q5 Outlook Express で使っている電子証明書を Outlook 2002 でも使いたいのですが、どうすればいいですか?
Q6 解約していないのに証明書が無効だと言われました。
Q7 再度発行すると以前の証明書はどうなりますか?
Q8 再度発行すると以前の証明書で暗号化したメールはどうなりますか?
Q9 電子証明書の更新を忘れてしまいそうなのですが。
Q10 証明書はあるIDで1つ発行すればそのIDで持っている全部のメールアドレスで有効なのでしょうか?
Q11 Macintoshで電子証明書を発行したのですが、証明書のインストールができません。
Q12 暗号化メールや、署名付きのメールを転送したいのですが。
Q13 暗号化メールや、署名付きのメールを送ると、相手から添付ファイルが付いていると言われるのですが。
Q1 SANNET会員であれば誰でも利用できますか?
A1 個人会員様、法人会員様共に、ご利用可能です。
   SANNET個人会員 月額180円/1メールアドレス(税別)
   SANNET法人会員(共用ドメイン) 無料
   SANNET法人会員(独自ドメイン) 無料
Q2 電子証明書の購入(発行/お申し込み)に進めません。
A2 Javascriptを有効にしてください。
Q3 InternetExplorerでActiveXコントロールが使用出来ないと言うメッセージが出ました。
A3 Internet Explorerの設定でActiveXコントロールを有効にしてください。
Q4 証明書のダウンロードに失敗しました。
A4 証明書は再度発行が出来ます。「発行/お申し込み」から再度証明書をダウンロードして下さい。
Q5 Outlook Express で使っている電子証明書を Outlook 2002 でも使いたいのですが、どうすればいいですか?
A5 Outlook Express から電子証明書を「エクスポート」した後、Outlook 2002 で電子証明書を「インポート」して下さい。
Q6 解約していないのに証明書が無効だと言われました。
A6 証明書の有効期限は1年間です。有効期限切れの可能性がありますので、再度発行処理をして下さい。
Q7 再度発行すると以前の証明書はどうなりますか?
A7 無効になります。
Q8 再度発行すると以前の証明書で暗号化したメールはどうなりますか?
A8 Outlook Express、Outlook 2000 等では以前の証明書も消えずに蓄積される為、その証明書を削除しない限り過去のメールも閲覧する事ができます。
Q9 電子証明書の更新を忘れてしまいそうなのですが。
A9 電子証明書の有効期限が切れる一ヶ月前に電子証明書の発行元の株式会社シマンテックよりご案内のメールが届きますので、メールの内容にそって更新手続きを行ってください。
Q10 証明書はあるIDで1つ発行すればそのIDで持っている全部のメールアドレスで有効なのでしょうか?
A10 証明書はメールアドレス1つについてだけ有効です。複数のメールアドレスをお持ちの方は、必要なメールアドレスについてそれぞれ発行して下さい。課金は各々にかかります。
Q11 Macintoshで電子証明書を発行したのですが、証明書のインストールができません。
A11 Macintoshについては動作保証外です。
Q12 暗号化メールや、署名付きのメールを転送したいのですが。
A12 転送ができるかどうかは、メールソフトの仕様に依存します。
Q13 暗号化メールや、署名付きのメールを送ると、相手から添付ファイルが付いていると言われるのですが。
A13 相手の方の使っているメールソフトが電子証明書に対応していない場合、暗号化メールや署名付きのメールが添付ファイル付きのメールとして表示されることがあります。