SANNETセキュリティ これから始めるセキュリティガイド
これから始めるセキュリティガイドトップ
不正アクセス
コンピュータウイルス
迷惑メール
その他の対策
セキュリティFAQ
セキュリティ用語集
セキュリティ用語集
■アンチウイルス
コンピュータウイルスを駆除するアプリケーションソフト。ウイルスに感染したファイルを修復し、コンピュータを感染前の状態に回復する。「ワクチンソフト」などともいう。検知・駆除するのは登録されたウイルスのみであるため、メーカーによって定期的に更新される最新のウイルス情報を取得しておくことで、新種のウイルスに対応することができる。
■セキュリティホール
ソフトウェアの設計ミスやプログラム上のバグなどによって生じた、システムのセキュリティ上問題となる弱点のこと。このセキュリティホールを放置しておくと、悪意ある第3者に不正にコンピュータを操作されてしまう危険性がある。セキュリティホールが発見された場合は、対策のための修正プログラムが無償で配布される。
■スパムメール
営利目的のメールを無差別に大量配信する、インターネットを利用したダイレクトメールのこと。
■ダウンロード
インターネットのサイトなどで公開しているオンラインソフトなどを、自分のパソコンに保存すること。
■添付ファイル
電子メールの本文に添付して送られるファイル。
■トロイの木馬
役だつプログラムを装ってコンピュータへ侵入し、データ消去やファイルの外部流出、他のコンピュータの攻撃などの破壊活動を行なう。コンピュータウイルスのように他のファイルに寄生したりはせず、自分自身での増殖活動も行わない。実行したとたん破壊活動を始めるものもあるが、システムの一部として潜伏し、時間が経ってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを乗っ取るための「窓口」として機能するものなどもある。
■ハッカー
元はコンピュータ技術に精通した人の意味であるが、現在、一般にはその技術を悪用して他人のコンピュータに侵入、破壊を行う者を指すことが多い。
=クラッカー
■バックアップ
コンピュータに保存されたデータやプログラムを、CD-ROMなどの別の記憶媒体に保存すること。バックアップは定期的にとり、破損やコンピュータウイルス感染などの事態に備える。
■バックドア
コンピュータへの侵入に成功したクラッカーが、次回も侵入できるようにこっそり仕掛ける侵入経路(裏口)のこと。バックドアが設置されていると、管理者が不正侵入に気づいて侵入路をふさいでも、クラッカーは前回侵入時に設置したバックドアから再び不正侵入を行なうことができる。不正アクセスが確認された後に、ディスクのフォーマットやOSの再インストールを行なうべきとされているのは、バックドアを完全に消去するためでもある。
■パッチ
プログラムの一部を修正すること。修正のために配布されるパッチを「パッチファイル」と呼ぶ。多くはインターネットを通して無償で配布される。なお、パッチを使って修正することを「パッチを当てる」と言う。
■ファイアウォール
不正アクセスを防ぐ目的で設けられたシステム。コンピュータネットワークとインターネットの間で外部からの不正侵入を防ぎ、アクセスの許可されたデータのみを通過させる壁。
■モデム
コンピュータから送られてくるデジタルデータを音声信号に変換して電話回線に流したり、また逆に、電話回線を通じて聞こえてくる音声信号をデジタルデータに変換したりする、変復調装置のこと。
■ルータ
ネットワーク上を流れるデータを他のネットワークに中継する機器。
アルファベット
■Cookie
ホームページを運営しているサーバが、閲覧したユーザのパソコンに植え付けていく小さなテキストファイルのこと。このテキストファイルがあることで、ユーザが再度同じページを閲覧した際に、前回入力した内容が自動的に反映される。
■LAN
同じ建物や敷地などの中にあるコンピュータやプリンタなどを接続し、データをやり取りするコンピュータ・ネットワークのこと。イーサネット(Ethernet)、無線などがある。
■SSL
通信を保護する暗号化通信のこと。この通信の場合には、ブラウザの下に「鍵マーク」が表示される。