2005年3月吉日
株式会社NTTデータ三洋システム

SANNET 迷惑メール対策「 Outbound Port25 Blocking 」を開始

 株式会社NTTデータ三洋システム(大阪府守口市、代表取締役社長:大橋 純、資本金:586百万円)のインターネットサービスであるSANNETは、迷惑メール対策強化への取組みとして、「 Outbound Port25 Blocking (*) 」を実施いたします。

 迷惑メールの配信や、ウイルスに感染したPCからの感染メールの配信は、外部サーバや、
 自前の送信(SMTP)サーバを使って直接メール配信を行う例が大半を占めます。
 そのため、SMTPポート(Port25)を閉じる「 Outbound Port25 Blocking 」は、これら迷惑
 メール対策として、ISPに期待されているものの一つです。


 ■SANNETにおける「 Outbound Port25 Blocking 」の内容
  ・対象: 動的IPアドレスを使用してインターネットに接続しているサービス
  ・内容: SANNETのメールサーバ以外のSMTPポート(Port25)への通信を規制


(*)「 Outbound Port25 Blocking 」
 スパムメール対策として、メールの不正中継を防止するために、メールの送信に
 制限を加える方式。 ISPのメールサーバ以外のPort25を用いたメール送信を
 禁止するもの。

 外部のメールサーバを利用する場合は、以下のいずれかの対応が必要です。
 ・送信時はISPのメールサーバを利用する。
 ・外部のメールサーバが、Port25以外のメール送信に対応している。
  (Submissionポート[Port587]、SMTP over SSL 等)


以上

■本件お問い合わせ先
 SANNETインフォメーションセンター
 フリーダイヤル 0120−989841
■URL http://www.sannet.ne.jp/
■E-mail:info@sannet.ne.jp