SANNETメールサービス 個人情報流出や迷惑メールを阻止 Outbound Port25 Blocking
Outbound Port25 Blocking
ウイルス感染による迷惑メール送信や個人情報の流出を防ぎます
Outbound Port25 Blockingとは?
すでに欧米のISPで一般化しはじめているメール送信制限のための手法で、ウイルス感染による意図しない迷惑メールの送信や、感染したパソコンからの個人情報流出を防ぐものです。また、社会問題ともなっている迷惑メール業者によるメールの送信を防ぎます。(基本サービスですので、申込の必要はございません)
Outbound Port25 Blockingのしくみ
ウイルスに感染したパソコンや迷惑メール業者がメールを送り出すときには、直接相手のプロバイダーの送信用メールサーバにアクセスしたり、独自の送信用メールサーバから配信することが多いといわれています。つまり、所属ドメインの送信用メールサーバを経由しないのが特徴です。そこで、この方法での迷惑メールを阻止するために、所属ドメイン以外の送信用メールサーバへのアクセスを制限するのがOutbound Port25 Blockingです。
SANNETでインターネット接続しているお客様の場合、SANNET以外のメールサーバへのアクセスが制限されることになります。
設定変更などが必要なお客様について
SANNETがOutbound Port25 Blockingを導入するにあたり、SANNETでインターネット接続しているお客様で設定変更などが必要なお客様は下記のとおりです。ただし、固定IPアドレスを利用している法人のお客様は対象外です。
  • SANNET以外のプロバイダの送信用メールサーバを利用している場合
  • ホスティング会社などの送信用メールサーバを利用している場合
  • お客様自身が設置した独自の送信用メールサーバとメールアドレスを利用している場合(ご利用いただけません)
設定変更方法
他のISP(プロバイダ)、ホスティング会社のメールサーバ利用の場合は、Submissionポートや、SMTP over SSL 等を使用してメールを送信する方法があります。 (対応については、メールサーバ提供元にご確認下さい)
送信メールのポート番号「25」を「587」に変更してください。

図は、Submissionポートが利用できる他ISP(プロバイダ)等の場合の例です。
対応可否については、ご契約サービスの事業者へお問合せ願います。
(ご参考) 他のISP接続でSANNETメールをご利用いただく場合
Outbound Port25 Blockingを実施している他のISP(プロバイダ)をお使いで、SANNETメールをご利用いただくには、メールソフトの設定を「オンラインマニュアル(メールの設定確認)」にあるセキュリティ設定にしていただく必要がございます。

ご利用にあたり、送信メールのポート番号が「25」以外になっていることをご確認ください。